とれたて京都・とっておきKYOTO情報ブログ [ Monterey concierge and neutron staff ]

kyotoinfo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 08日

青もみじが美しい『相国寺』へ

今回ご紹介させていただくのは、京都御苑のほど近くにある『相国寺(しょうこくじ)』。
京都御苑の今出川御門からまっすぐ北に進むと相国寺があります。写真は今出川御門から相国寺方面を写したもの。
f0230221_1412392.jpg

そして、京都御苑と相国寺の間には同志社大学があり、下の写真の建物は大学所有のものです。ここだけ見ると京都とは思えません!お寺のすぐ横に、近代建築がうまく融合しているところに、京都のすごさを感じてしまいます。f0230221_1482759.jpg

ところで、相国寺は観光寺ではないので、あまりご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんが、金閣寺と銀閣寺を塔頭にもち、京都のお寺の中でも第2位の格付けをもつ格式高い禅寺なのです。

通常は非公開ですが、春と秋の2回、特別拝観を実施されています。現在ちょうど春の特別公開中で、「方丈庭園」「法堂」「浴室」をご覧いただけます。
相国寺の「法堂」は、桃山時代に建立された現存する最古のもの。狩野永徳の嫡男、光信によって描かれた天井画「蟠龍図」で有名で、堂内中央付近で手をたたくと、天井に反響してカラカラと龍が鳴いているような音が返ってくるので「鳴き龍」ともよばれます。拝観の際には、お寺の方の説明があり、実際に手もたたけます。本当に龍が鳴いているように聞こえるかは、行ってみてのお楽しみです。龍の絵の迫力も相当なものです。
f0230221_14105299.jpg


広大な敷地の中には生活道路が通っていて、自転車で境内を通過する人もしばしば。
今の季節は青もみじがとても美しく、境内のはるか遠方には東山もご覧いただけます。
f0230221_1438263.jpg
また、併設の承天閣美術館では現在「江戸の粋・明治の技 柴田是真」展を開催中です。江戸の漆職人であり、絵師でもあった是真のコレクションをご覧いただけます。美術館の佇まいそのものも、落ち着いた雰囲気が素敵です。新緑が美しい「相国寺」、京都御苑の散策と併せて是非、お出かけになってみてください。

・相国寺 春の特別拝観 
  3月24日(水)- 6月4日(金) 
  10:00~16:30(16:00受付終了)
・承天閣美術館
 「江戸の粋・明治の技 柴田是真」展 
  4月3日(土)- 6月6日(土)
  10:00~16:30(16:00受付終了)
[PR]

by kyoto-Information | 2010-05-08 14:24 | モントレ京都コンシェルジュ


<< ちょっとそこまで      静かな時間を求めて・・・青蓮院 >>