とれたて京都・とっておきKYOTO情報ブログ [ Monterey concierge and neutron staff ]

kyotoinfo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 31日

neutronまかないランチ4 『スモークした豚バラ肉のグリル〜ハンバーグソースで〜』

f0230221_19264165.jpg


今日の賄いは、昨日までのお肉ランチのスモークした豚バラ肉のグリルに、定番ハンバーグのソースのせでした。
あー、これこそ賄い。
夢のコラボレーションです。
スモークした豚バラ肉は、とてもとてもやわらかく味が凝縮されていて、おいしいです。

今日、賄いをつくってくれたのは、24歳男前料理人中野さん。
彼は、毎週のパスタランチも考えているのですが、毎週うまく女性のこころをつかむパスタを考えてくれています。

ごちそうさまでした!
[PR]

by kyoto-information | 2011-01-31 19:28 | ニュートロン京都スタッフ
2011年 01月 30日

2月展覧会・イベント情報①

2月は、各大学の卒業展などがあり、にぎやかな時期です。
あっちこっちまわらないといけなくなりますが、その年の学生傾向がわかりおもしろいものですね。
といいつつ卒展情報をひろっていたのですが、ありすぎてきりがなくなってしまったので、卒展でもめずらしいゲストを招いていたり、イベントがあるものだけをこちらではご紹介します。


●三瀬夏之介個展『だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる』
2月4日(金)-26日(土) 11:00-19:00(最終入場18:45) 休館日:月曜
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA1(堀川御池)

-----

京都嵯峨芸術大学 学内選抜展 【one room`11】
2月2日(水)-2月9日(水) 9:00-17:00
京都嵯峨芸術大学内 グラブボックス
アーティスト・トーク&講評会
エリイ、卯城竜太(Chim↑Pom)
2月8日(火) 京都嵯峨芸術大学AVホール

-----

●展覧会ドラフト2011 彦坂敏明×村山悟郎
TRANS COMPLEX-情報技術時代の絵画
2月5日(土)-27日(日) 10:00-20:00 会期中無休
京都芸術センター ギャラリー北・南(中京区)

京都芸術センターが、若い才能の発掘・支援を目的に様々な事業のひとつで、展覧会の企画を公募し、選出された展覧会。
トークイベントなどあります。

-----

京都オープンスタジオ桂
2月11日(金)、12日(土)、13日(日)
うんとこスタジオ  11:00~20:30(ラストオーダー20:00)まで
桂スタジオ           11:00~19:00
阪急桂駅周辺
参加作家
・うんとこスタジオ
鈴木宏樹
谷澤紗和子
森林食堂 
・桂スタジオ
岡田真希人 
黒川彰宣    
柴田主馬    
水田寛       
東明          
bakehouse*(徳山拓一 村上滋郎)

-----

青山洋子 和菓子展『色を喰らう。』
2月4日(金)-9日(水) 11:00-20:00(最終日18:00)
SONGBIRD DESIGN STORE(中京区)
[PR]

by kyoto-information | 2011-01-30 19:05 | ニュートロン京都スタッフ
2011年 01月 30日

neutron kyoto 任田進一展『SILENT DRIFT』 展開催中

ニュートロンでは、はじめてご紹介する任田進一の写真展『SILENT DRIFT』 が、25日 (火)からはじまりました。

任田進一展 『SILENT DRIFT』 neutron kyoto
2011年1月25日(火)-2月13日(日)
11:00-23:00 (最終日21:00まで)
期間中無休

任田さんは、もともと土にこだわり立体作品を制作してこられました。そこから土の変化の一瞬をとらえ残すことができるカメラを使い作品制作されています。
昨日29日の京都新聞でも大きく紹介された、今回の展覧会。
ぜひ、お越しください。
f0230221_15485661.jpg

[PR]

by kyoto-information | 2011-01-30 15:50 | ニュートロン京都スタッフ
2011年 01月 26日

neutronまかないランチ3 『目鯛のあら入り味噌汁とうめちりめんごはん』

f0230221_1751411.jpg


今日の賄いは、目鯛の目玉部分のゼラチン質プルプルの部分などあらが入った味噌汁と、うめちりめんまぜごはんでした。
お味噌汁には、蛸も入っていたそうです。私にはあたらなかったけど・・・。

私は今まで魚の目ん玉の部分などとても好きとは思えなかったけれど、このニュートロンで食べてからは、やぱり新鮮だからかとてもおいしいくて、好きになりました。
なんだか丼や汁物ばかりですが、スパゲッティなど洋風もあるのです。
[PR]

by kyoto-information | 2011-01-26 17:08 | ニュートロン京都スタッフ
2011年 01月 24日

TPP(環太平洋連携協定)について

今日は、TPP(環太平洋連携協定)について、すごくわかりやすい動画をみつけたので、ご紹介します。

今日24日の通常国会で、菅直人首相の施政方針演説がおこなわれました。社会保障の国民負担は絶対増えるぞ!などいろいろ吠えておられますが、その中で「TPPは6月に結論を出す」とのこと。
この「TPP」とは、「環太平洋連携協定」といいまして、はじめシンガポール、チリ、ブルネイなど小国が結んでいた貿易(もの、人、サービス含)協定だったのですが、そこへ輸出先を増やしたいアメリカとオーストラリアなどが参加しているものです。このTPPに日本は参加するかしないかを6月に結論を出すということなのですが、TPPについての報道をみていると「日本は開国するべきだ」とか、「アジア成長にとりのこされる!」「農業は大打撃を受ける」とかいろいろいわれていますが、いつもそのコメンテーターの説明が理解できなくて(いや一般人が理解できないようにややこしい話にしているのか?ご本人が理解できていないのか?)、ずっと「本当はTPPって何なんだろう」と思っていましたが、先日、すごくわかりやすい動画をみつけました。

『中野剛志先生のよくわかるTPP解説-日本はTPPで輸出を拡大できっこない-』
http://www.desivideonetwork.com/view/91g42m63n/tpp-tpp/

です。ぜひ、TPPって何??や興味のないかたもぜひ一度みてほしいです。すごくわかりやすいので!

要は、TPPに参加するとアメリカの思うつぼ!ということです。
TPPには中国と韓国は参加しておらず、これがアジアのルールにはならない。参加している小国は、外需依存が高い国で、とても日本が輸出できる国ではない。
必然的に日本の輸出先はアメリカになるが、そのアメリカも現在9%の失業率で、到底日本は輸出できない。でもアメリカは日本に輸出することはできるので、日本に輸出先を拡大し、為替をドル安に誘導、自動車など工業製品は、ドル安になればアメリカで製造することもできるが(それでも現在自動車は6割を現地生産)、日本の農業はできない。結局、アメリカからの安い農産物が輸入され、大打撃・・・。日本の工業、農業は減殺されるということらしいです。

日本のえらい方たち、メディアは、どこをむいて政治をしているんだろう・・・、と考えてしまいます。
社会保障の負担額が増えるであろうことは、赤字国債を出しまくり、この高齢化社会の上に、子供手当をだしていこうとしているので、わかりきったことではあるのだけれど、対外交となるとWikiLeaksで明らかにされているように知らないところで取引がおこなわれているのは、暗黙の了解であり、それがあるからこそある程度、安定した世界があるような気もしていたのですが、どうも、日本の政府は本当にだめらしいので、自分たち自身がきちんと情報を集めて、次の総選挙にのぞまないといけないです。
[PR]

by kyoto-information | 2011-01-24 18:56 | ニュートロン京都スタッフ
2011年 01月 19日

neutronまかないランチ2 『野菜かき揚げ肉入りうどん』

f0230221_18344486.jpg


本日の賄いは、『野菜かき揚げ肉入りうどん』 熊代シェフ。

とにかく熱い汁ものがほしい冬、最高の一品。
さっくさくの野菜かき揚げに、気持ち程度のお肉が入ってました。
女の子にとったら、嬉しいうどん☆
[PR]

by kyoto-information | 2011-01-19 18:38 | ニュートロン京都スタッフ
2011年 01月 17日

neutronまかないランチ1 『豚汁ごはん』

f0230221_18343031.jpg


本日の賄いは、熊代シェフによる
・具だくさん豚汁
・昆布の佃煮をのせた白ごはん
・サラダ
です。
今日みたいな寒い日にありがたいあったかい豚汁。
昨日の賄いの残り野菜(大根、なると金時いも、人参、ごぼう)と鱈子に、豚バラ肉薄切り(先週のお肉ランチの残り)となめこが入ったものです。
それと昆布のせ白ごはんという、日本人には永遠に不滅のごはんです。

今日から突然はじまりましたこの『neutronまかないランチ』シリーズ。
「とれたて京都」ブログの主旨からちょっとはずれてしまいますが、ちょっとした息抜きと、ニュートロンでご提供している食事は、その季節の旬のものをお出ししていますので、この賄いをみてくだされば、京都の旬ものがわかるというわけです。
そして、ニュートロンカフェは今年5月29日をもって閉店します。毎日シェフがスタッフのためにつくってくれる超おいしい賄いを残しておこうと思い、はじめました。実は、お客様からもランチ終了後に「スタッフさんの賄いごはんでもよいので、何か食べさせてください」(お客様には”残りもの”をお出しすることはできませんので、ご勘弁願います)や、「ニュートロンさんの賄いっておいしいんでしょ??」と聞かれることがよくあります。
その通り、おいしいんですよー。
何しろスタッフ募集要項のなかに「おいしい賄いがついてます」とあり、その文句につられたスタッフも多いです。

そんなわけで、熊代シェフに「賄いを紹介するシリーズをブログではじめたんですよ」と話していたら、シェフが「僕、ニュートロンで初めて料理をつくりはじめたんだよね・・・」と衝撃の告白が・・・。

熊代シェフは、ニュートロン勤務歴9年目となる、最長のスタッフです。
ニュートロン石橋社長と同じ昭和48年生まれで、社長も「ともにやってきた」と認めるほど、ニュートロンを支えてきた方ですが、その過去の職歴はすごい!の一言です。
まず故郷の岡山県で高校を卒業後、大阪のデザイン専門学校で学び、マ□カル(イオンの完全子会社になる前の)に入社し家具販売の営業スタッフとして2年勤務後、故郷岡山へ戻り地元の住宅リフォーム会社に営業で入社、その会社が倒産したため、岡山で有数のパン販売チェーン会社に営業で再就職。そこで営業の新人研修でパン焼をはじめて経験。その後その会社がパンを卸していたモ□バーガーに派遣され、そこで業務全般をおこない、(同社社長の運転手見習いを2ケ月し)、今度はビジネスホテル(系列会社)のキッチンの人数が足りないので、素人でもいいからいけといわれ、そこで冷凍食品を解凍したりというおよそシェフとはいえない作業を毎日17時間鬼のようにこなし(そのビジネスホテルの食堂は安くお客様がお昼だけで、100人こられたそうです)、その過酷業務でとりあえず「根性」だけは叩きこまれたものの、身体がもたず退社。再就職の道を京都に求め職安にいったところ、そこにニュートロンのシェフ募集がでていたそうです。
ニュートロンはその頃、開店1周年を迎えようとしていました(三条商店街の中にあったころ)。まだ若い石橋社長との面接で、「料理の経験が全くないのですが・・・」と説明したけれど、その過去の職歴で店長をしたりと管理職の部分をかわれて「君のような人をまっていた」と10分で採用が決定!!!
そこから、熊代シェフはカフェ料理の本を読んだりカフェっぽいメニューを研究、独学と努力でここまでこられたのです。
現在ではコンソメのコンソメをもとから作れるほどの腕前・・・、と自分でご自慢。
昨日今日と京都は雪が降り、かわいいこどもさんのために朝5時から、雪だるまとかまくらをつくるやさしいパパ熊代シェフ。

「人に歴史あり」とは、まさにこのことです。
そんなシェフがつくる料理、食べてみたくなったでしょ。
熊代シェフの料理は、素材の味がみんな仲良くまとまってひとつの料理を支えているかのような、まろやかで深みのある味です。
寒いですが、ぜひ、ニュートロンへお食事に来てくださいね。
[PR]

by kyoto-information | 2011-01-17 18:35 | ニュートロン京都スタッフ
2011年 01月 15日

1月展覧会・イベント情報②

今年は雪の降る日が多いですね。明日からまた寒くなるそうです。
1月半ばになり、展覧会やイベントなどの情報が、増えはじめました。
注目イベントは、あまり宣伝されていませんが、マルセ太郎さんのビデオ上映会です。
映画をまるごと語る「スクリーンのない映画館」を上映されます。セットも何もない舞台の上で、身ひとつでその映画内容の時代背景、役者がいう台詞を語るのですが、その情景がありありと目に浮かび、その中に笑いあり涙ありのすばらしい芸です。その芸に感動した方たちが集まり、そのよさを伝えていこうという企画です。
ぜひ、多くの方にみてもらいたいです。

---

●中村哲也個展『sweep of winds』
2011年1月25日(火)-30日(日) 13:00-20:00 (最終日18:00まで)
ギャラリー射手座(三条)

---

マルセ太郎ビデオ上映会 第2回「スクリーンになった独演会」
1月29日(土) 13:30開場/14:00開演
「そうぞう館」2階小ホール(伏見区)
入場料:2000円 (予約申込:075-647-0048 そうぞう館)

2001年1月に亡くなったパントマイム芸人マルセ太郎さんの、映画をまるごと語る「スクリーンのない映画館」の中の代表作、『泥の河』を上映。

---

●『 新春メガネ祭!』@UrBANGUILD
1月30日(日) 18:30開場/19:30開演
UrBANGUILD(京都)
前売1800円 (1drink) / 当日2300円(1drink)

bikke
ゆーきゃん
ムートン
足田メロウ

その前日のイベント、
28日(金) moratorim+Ice Lolly「How does it feel vol.4 ~2011 New year party」では、
入場料(前売)2500円に、足田メロウさんの素敵なTシャツが付いているそうです!
(先着50名様)
[PR]

by kyoto-information | 2011-01-15 20:05 | ニュートロン京都スタッフ
2011年 01月 04日

2011年1月展覧会・イベント情報①

1月の京都情報は、アート、芸能、音楽などいろいろご紹介します!


山岡敏明展『 GUTIC STUDY』
2011年1月11日(火)-1月23日(日) 11:00-19:00(最終日17:00まで)
Gallery PARC(三条)

---

第3回メディア芸術オープントーク【京都編】(1月6日(木)申込〆切)
 「メディア芸術」ってよくわからないぞ
1月10日(月・祝) 14:00-17:00 (13:30開場)
京都国際マンガミュージアム 多目的映像ホール
参加費は無料(ただし、国際マンガミュージアム入場料(大人500円)が必要)
SPEAKER:島本浣(京都精華大学芸術学部教授(美術史学))/藤幡正樹(東京藝術大学大学院映像研究科長・教授/アーティスト)/吉岡洋(京都大学大学院文化研究科教授(美学・メディア理論))/吉見俊哉(東京大学大学院情報学教授(社会学/文化研究))

東京から国内各地をまわる「メディア芸術オープントーク」。
「メディア芸術オープントーク」は、メディアアート、美学、美術史、社会学などの分野で鋭い発言を続ける専門家4名をコア・フォローとして、「メディア芸術」という新たな領域を多角的に読み解くオープン・プラットフォーム。

---

●ダブル・ポートレートDOUBLE Portrait
在独日本人女性アーティストによる映像&現代音楽の饗宴
1月12日(水) 18:00開演 17:30開場
寒梅館クローバーホール(同志社大学内)
中沢あき(映像作家)、由井康子(現代音楽作曲家)、ステファン・ヴォルケ(エレキギター)、イエンス・ブリュルス(打楽器)・ヤン・ファベーク(オーディオヴィジュアルアーティスト)

---

●金サジ個展(写真)『瑠璃も玻璃も照らされている』
2011年1月18日(火)-1月23日(日) 13:00-20:00 (最終日18:00まで)
ギャラリー射手座(三条)

---

●第3回京都日本画新展
1月26日(水)-30日(日) 10:00-20:00(最終日17:00まで)
美術館「えき」KYOTO (JR京都駅下車すぐ ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

一部の作品は、下記でも展示
2 月1日(火)-4月17日(日) ホテルグランヴィア京都
展示場所→ホテルフロントロビー2階、M3階通路

---

●メトロ大学2011 「ほんとうのレコード」と蓄音機の会
1月28日(金) 18:30開場/19:00開講→21:00終講予定
メトロ(丸太町)
講師:いしいしんじ(作家)
入場料1,500円(1drink付)

---

●淡路人形浄瑠璃
上演演目『玉藻前㬢袂(たまものまえあさひのたもと)』・道春館の段・神泉苑の段・狐七化け
1月29日(土) 15:00開演 14:30開場
京都芸術劇場 春秋座(北白川)

京都造形芸術大学内にある京都芸術劇場「春秋座」で開催される、500年の歴史を誇り、国指定重要無形民俗文化財でもある淡路人形浄瑠璃。
[PR]

by kyoto-information | 2011-01-04 18:47 | ニュートロン京都スタッフ
2011年 01月 03日

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、もうご存知の方もおられるかもしれませんが、
ニュートロン京都が今年5月29日(日)をもって、閉店することとなりました。
詳細は、下記サイトの代表からのご挨拶をご覧ください。
http://www.neutron-kyoto.com/2011_news/index.htm

カフェ部門がなくなり、京都店を移転し美術企画・販売を専門とすることとなりました。
あと半年もありませんが、カフェをしながらアートが鑑賞できる貴重な場所であるニュートロンにぜひ、お越しください。


今年、京都新聞の1月1日の記事で、「観光立国、京を拠点に 京都市と国が共同事業」とあり、「外国人観光客の増客に向けて京都市と観光庁が1月から、世界の富裕層の誘致や外国人観光客の受け入れ環境の充実などに共同で取り組むプロジェクト「観光立国・日本 京都拠点」に乗り出す」とありました。
日本の国際観光客数は、世界33位で、京都市は、日本の中で6位なのだそうです。京都市はもっと上位だと思っていましたが、わりと外国人観光客の方は少なかったのですね。
[PR]

by kyoto-information | 2011-01-03 20:08 | ニュートロン京都スタッフ